ショーウインドウ用大型液晶マルチモニターの敵「太陽光と反射」

液晶マルチモニターのお問い合わせでしばしばあるのが、外向けショーウインドウへの設置。しかし弊社の場合、屋外や外向けショーウインドウへの液晶マルチモニター設置は100%おすすめしていません。その理由は下の動画をご覧ください。

しかし、夜間しかモニターを点けない場合はこの限りではありません。また、屋外向けでも設置環境によっては取付可能と判断される場合もありますので、詳しくは専門業者に聞いてみるのも良いでしょう。

なぜ液晶マルチモニターは外向けに向いていないのか?

では弊社がなぜ液晶マルチモニターを外向けショーウインドウに設置しないのか。その理由を記していきます。わかりやすいように同じ液晶製品のスマートフォンを例にします。

理由その①「輝度の低さ」

スマホを外で見た時に暗くて見えづらかった経験が皆さんもあると思います。なぜそう感じるのかというと、昼間の太陽光の明るさよりスマホの画面の輝度(明るさ)が劣るからです。これは花火を昼間にしても全くキレイに見えないことと原理的に同じです。

例えばスマホを日陰で見てみます👇

直射日光をモロに受けた状態では👇

このようにスマホ自体の明るさは変わらなくても、周りの明るさによって画面の見え方が変わってくることがわかります。日光の影響が多い場所では画面を暗く感じてしまい、見えにくくなってしまいます。しかしスマホは見たくて見ようとするもの。これが全く興味のない広告映像を流す液晶マルチモニターだとしたらどうでしょう?誰も見向きもしないですよね。

理由その②「反射しまくる」

ショーウインドウはその名のごとくガラスを隔てた場所です。ガラスは反射するという弱点があります。スマホもタッチガラスを使用した製品なので当然同じような現象が起こります。

「暗くて見えづらい+反射で見えづらい」というダブルパンチで、日中はもはや意味を成していないと言っても過言ではありません。


※意味があると思う???

以上のようなことから、基本的にショーウインドウへの液晶マルチモニター設置はやめておいたほうが良いでしょう。

ショーウインドウに大きな画面を設置したい場合は迷わずLEDビジョン

どうしてもショーウインドウに大画面広告を流したい場合はLEDビジョンがおすすめです。液晶にはない強い光で画面の暗さを感じません。また、ガラス面に近づけて設置することであまり反射も目立たなくなります。


※外向け大画面は絶対にLEDビジョンがおすすめ

まとめ・ショーウインドウへの大画面設置は必ず専門業者に相談を

店舗の広告塔であるショーウインドウの大画面モニター。売上や集客に直結するものであるからこそ、検討を十分に重ねて間違いのない大画面モニターを選んでください。そのためにはプロの意見を参考にすることも必要です。

 

その他の記事はコチラ