新店舗の立ち上げで集客・販促ツールに頭を悩ませるなら迷わず液晶マルチモニター

新店舗をオープンさせるにあたって、どのような店舗レイアウトにするかは頭を悩ませるところ。どの様に注目を集めるか、そして集客や販売に結びつけるか。思い浮かぶのはありふれたことばかり…。何か他店と差別化はできないものか?そのような場合は液晶マルチモニターを考えてみてください。


※弊社で大型商業施設のテナント店舗に設置した大画面デジタルサイネージ。液晶マルチモニターで構成されている。

大きなアイキャッチで注目を集め、商品やサービスを大画面でCM

アイキャッチと商品の説明が同時にできれば一石二鳥だと思いませんか?それを実現できるのが液晶マルチモニターです。いわゆる大型のデジタルサイネージです。デジタルサイネージの特徴は、いつでもすぐに映像コンテンツの変更ができること。看板と違いその日の天候や時間帯に合わせて、様々なコンテンツをリアルタイムに変更することが可能です。

デジタルサイネージの役目は大きく2つです。まずは店舗のアイキャッチ。要するに「お店がここにあるよ」というアピールです。お店の存在を知らないと、当然お客様は来店してくれません。そのためにアイキャッチは目立つものが必要となります。

小型のデジタルサイネージはどこの店舗でも導入されていて、注目度はかなり薄れてきています。巨大なモニターに映像を映すことで、強大なアイキャッチ効果が得られます。また映像を減っんこうすることで店舗の雰囲気もガラッと変わり、店舗レイアウトのマンネリ化を防げるというメリットもあります。

また「店に入って話を聞くほどではないが少し商品に興味はある」という、未来のお客様に説明動画を流してアピールすることができます。店舗の存在をアピール&商品のコマーシャルや説明を流すことで、一石二鳥の働きをしてくれます。

大画面液晶マルチモニターでの効果的なコンテンツ放映法

大画面で映像を流すだけで目立ち注目を集める液晶マルチモニターですが、肝心の中身(映像)が的を得ていないと効果も半減します。基本的には商品やサービスのコマーシャル動画を流すだけで良いのですが、ブランドイメージや店舗スタッフの紹介なども適度に交えると良いかもしれません。

また、デジタルサイネージの特徴を活かしてこまめに映像を変更すると良いでしょう。曜日ごと、週ごとなどで映像を変更することで店舗のマンネリ化を防ぎます。

グループ他店舗と比べて液晶マルチモニター導入店では高い集客力を確保

もちろんこのような超大型モニターを導入する店舗は、力を入れたい店舗です。そのため立地環境が良い場合が多いので、大型モニターの導入で集客力が高いと言い切ることはできません。しかし、現場のスタッフさんの印象として、やはり映像を注目して見てもらえているという実感があり、店舗や商品の存在認知に役立っているとのお言葉を多数いただいています。

今すぐのお客様と中長期的に確保したい未来のお客様。お客様の確保に大切なことはお店と商品の存在を知ってもらうことから。WEBでの集客がメインとなっている現在ですが、それと同じくらい店頭での集客ツールも大切です。店舗のブランディングにも一役買う液晶マルチモニター。検討してみてはいかがでしょうか。

 

液晶マルチモニターの設置事例
ヤマトサイネージの液晶マルチモニターHOME
にほんブログ村に参加しています。応援してやってください!